トリキュラーの通販まとめ・安全で安心な通販サイトを検証

トリキュラー通販
トリキュラーを通販で買ってみよう!そう思い立ってみたものの、みんなはどこで買っているのか気になりますよね。自分で調べてみたものの、いろんなサイトでトリキュラーが売られているみたいだし、なかには日本語すら怪しげなサイトも……。本当にこんなお店からトリキュラーが届くのか、不安になりますよね。そんな、はじめてトリキュラーを通販するあなたでも心配いらない「トリキュラー通販のマル秘解決法」があります!

この記事では、実際に届いたトリキュラーなども紹介しながら、トリキュラーの通販の仕方から使い方まで、トリキュラー通販のイロハをまるっと解説します!

トリキュラーの通販は海外サイトから取り寄せ

トリキュラー通販なら自宅で受取
トリキュラーは、日本で最もポピュラーな低用量ピルです。多くの病院やクリニックで処方されています。

トリキュラーを処方してもらう場合、診察や検査を受け、薬局で購入するのが一般的です。一方、通販ならこうした手間を省き、費用を大幅に節約することができます。

トリキュラーは、クリニックで処方してもらうより、通販する方が、簡単に安く手に入ります。定期的に病院に行くのが大変、費用がかさばって困っているという人は、通販を検討してみるのもよいでしょう。

トリキュラーが通販できるサイト・販売店

区分 販売店 取扱い
海外通販 オオサカ堂 〇・販売あり
あんしん通販マート 〇・販売あり
薬の通販オンライン 〇・販売あり
アイドラッグストアー 〇・販売あり
お薬ラボ 〇・販売あり
国内通販 楽天 ×・販売なし
Amazon(アマゾン) ×・販売なし
Yahoo!ショッピング ×・販売なし
オークション ヤフオク! ×・販売なし
メルカリ ×・販売なし
店頭販売 薬局・ドラッグストア ×・販売なし

個人輸入はウェブサイトで受け付けており、使い方はAmazonや楽天といった通販サイトと大きく変わりません。海外から商品を取り寄せるため、日本の通販よりも届くのに時間がかかるくらいです。

トリキュラーは、日本を含め世界中で人気のピルで、個人輸入サイトでも人気があります。成分や効果は、日本のクリニックで処方されるものと変わりません。

病院に行く時間や、薬の費用が、人によっては大きな負担です。しかし、個人輸入のネット通販なら、この手間とお金を一気に節約することが可能です。そのため、多くの人が、個人輸入でトリキュラーを購入しています。

トリキュラーを処方せんなし、通院なしで買いたいなら、個人輸入で購入しましょう

個人輸入サイトは海外の商品を扱っていますが、言語は日本語です。海外からの個人輸入ですので、輸送の時間が少しかかることを除けば、国内のショッピングと使い方は変わりません。

ポイント制度が導入されているサイトなら、買うたびにポイントが貯まり、購入する時の代金に充当させることができます。また、送料が無料のサイトも多いです。

トリキュラーは、日本で最も人気と言っても過言では無い、実績のある製品ですが、海外でも人気があります。そのため、価格も比較的安定しています。毎日飲むものなら、少しでも安く買いたい、と考えている人が多いため、日本国内でも最個人輸入を利用している人が増加中です。

21錠入りの物が一般的ですが、日本製のものは偽薬を含んだ28日用のものもあります。有効成分は、いずれも違いはありません。

  • トリキュラーは国内の多くの病院やクリニックで処方されている
  • 個人輸入代行サイトは海外の商品を扱っているものの、サイトの表示は日本語
  • トリキュラーは、日本では一番人気といっても過言では無いほど実績ある経口避妊薬で、海外でも人気がある

トリキュラーを通販するメリットとデメリット

通販のメリット、デメリット
医薬品を個人輸入するメリットは、まとめ買いができることや、値段が安いという点です。

日本の医療機関では、一度に処方してもらえる量が決まっており、価格も高めです。個人輸入の場合には、処方箋もいらず、病院のような待ち時間も必要ありません。まとめ買いができるので、何度も手続きをする必要がないのも利点です。

個人輸入は一見メリットばかりに思えますが、デメリットもあります。

たとえば、粗悪品や偽物を扱っているサイトがあるので、注意が必要です。個人輸入で扱われている医薬品の中には、人気の製品の偽物や粗悪品が紛れていることがあるのです。

個人輸入をするときには、信頼性の高いサイトを利用しましょう。価格の安さにばかり気をとられていると、偽物をつかまされ、思わぬ健康被害を受ける恐れがあります。

個人輸入される医薬品等の品質、有効性及び安全性(以下「品質等」という。)については、我が国の医薬品医療機器等法に基づく確認がなされていません。国によっては、医薬品等の品質等について、我が国と同じレベルでの確認が行われていないことがあります。

引用:医薬品等を海外から購入しようとされる方へ |厚生労働省

偽物を購入するリスクを抑えるため、多くのユーザーが高く評価しているサイトを利用しましょう。個人輸入サイトの口コミや評価はインターネットで検索すれば確認できます。

個人輸入は、いくつかの点に注意すれば、大きなメリットがあります。日本のクリニックで処方されるものと同じ製品を、より安く購入することが可能です。購入する為に必要な診察や待ち時間なども節約することができます。忙しい現代人にとっては無くてはならないサービスです。(通販するメリットはレビトラ通販を参照)

個人輸入で薬を購入する際は、信頼性の高いサイトを選びましょう。また、サイトによって価格やサービスが異なるので、色々なサイトをチェックしてみるとよいでしょう。

国内の医療機関を受診した場合、その日に処方してもらうことができますが、個人輸入の場合は薬が届くまで1週間から2週間かかります。そのため、届く時間を計算して、あらかじめ早めに注文しておく必要があるのも、国内で購入する場合と異なる点です。

  • 個人輸入代行サービスは、いくつかの点に注意すれば、大きなメリットがある
  • 時間に追われる現代人にとっては、無くてはならないサービスになりつつある
  • 個人輸入代行は薬が海外から届くため、1週間から2週間ほどかかる

トリキュラーの通販ならあんしん通販マートがおすすめ!

おすすめの通販サイト
トリキュラーを安全に個人輸入するなら、「あんしん通販マート」がおすすめです。医薬品の個人輸入は、多くの業者が参入していますが、中には偽物や古い商品が混じっているのが実情です。

医薬品は、身体に影響のある製品ですので、できるだけ安全性の高いものを使いたいですよね。あんしん通販マートなら、品質の高い正規品をリーズナブルな価格で購入することができます。

トリキュラーを個人輸入することができるサイトは沢山あります。その中でもあんしん通販マートは、口コミで高評価の多いサイトの1つです。

また、一定の価格まで商品を購入すれば、送料は無料です。さらに、会員登録をすることで、様々なメリットがあります。トリキュラーを個人輸入したい人にはおすすめのサイトです。

1年分のトリキュラーを、産婦人科で購入した場合、年間で数万円かかります。あんしん通販マートなら、費用は1年でおよそ7000円、1か月あたり500円程度です。リーズナブルかつ安心して服用をしたいという人に最適といえます。

あんしん通販マートでは、これまでにユーザーが購入した商品のレビューが公開されており、買い物をするときの参考になります。

トリキュラーは、日本の婦人科や産婦人科でも処方されている、実績のある薬です。一方、処方のために、医療機関を受診すると、予約の手間や待ち時間がかかります。そのため、仕事や学校との兼ね合いが面倒、という人もいるでしょう。

何度も病院を受診し、そのたびに診察料や薬の代金を払うと、時間や費用のコストがかさばります。一方、個人輸入なら、5分の1程度の金額でトリキュラーを購入することができ、買い物に行く手間も省けます。

あんしん通販なら、1年分のまとめ買いも可能で、忙しくて頻繁に病院に行けないという人にも最適です。

あんしん通販マートなら、日本で流通しているものと同じ商品が低価格で手に入ります。監修薬剤師が在籍しているのも特長です。また、電話注文もできるので、ネット環境が無いときでも買い物ができます。口コミ件数が多いことでも、その人気がわかります。

  • トリキュラーを安全に個人輸入するなら、あんしん通販マートがおすすめ
  • トリキュラーを個人輸入することができるサイトは沢山ある
  • 個人輸入ならクリニックの5分の1程度の金額でトリキュラーを購入することができる

トリキュラーは通販?病院?どっちが安い?

病院と通販の費用は違うの?
病院でトリキュラーを処方してもらう場合、初診料や診察料が発生します。また、避妊など、病気の治療目的ではない場合、保険適用外の自由診療となり、費用は高額に及ぶことがあります。

診察では、問診だけでなく、場合によっては血液検査やレントゲン検査が行われるケースもあります。検査が増えるほど、費用も高くなります。

また、医師の判断によっては、必ずしも処方箋を出してもらえるとは限りません。場合によっては、求めていたお薬を購入できないこともまれにあるので、注意が必要です。

トリキュラー28を病院で処方してもらった場合の相場は、1シートあたり2000円から3000円程度です。

一方、個人輸入の場合、初診料や診察料が必要ないうえ、中間マージンがないため、より安価に入手できます。

トリキュラー28を個人輸入代行サイトで購入する場合の相場は、最安値で1200円から1500円程度です。

個人輸入代行サイトでは多くの場合、数シート分がセット販売されています。セットを購入したほうが、注文の手間が省けるうえ、費用も抑えることが可能です。

ただし、1度に注文する個数や金額が多い場合は関税が発生したり、最悪の場合は没収されることもあるので注意が必要です。また、個人輸入は、購入した本人が使用する目的に限り輸入が許されているということも、覚えておきましょう。

ごくまれに、量に関係なく関税が課せられるケースもあります。1シート1500円のトリキュラー28を15シート購入して関税が課せられてしまった場合、1シートあたりの関税は80円程度です。関税がかかったとしても、病院で処方してもらうよりも低額です。

関税が発生した場合、宅配便のドライバーが出納代行を行い、商品を受け取る際に現金で支払います。

多くの個人輸入代行サービスは、独自のポイントサービスを行っています。購入金額に応じてポイントが貯まり、次回以降の買い物に利用できます。このポイント分を実質値下げと考えれば、病院処方の価格よりもさら安くなるといえるでしょう。

したがって、トリキュラーを入手できるまでの手続きの手間やトータルの価格面では、個人輸入のほうが優れています。

トリキュラーは値段重視なら通販、心配なら病院処方

値段なら通販、安心なら病院
トリキュラーを安さ重視で買うなら、個人輸入が最適です。ただし、さまざまなリスクがあるので注意しましょう。

個人輸入は、Amazonや楽天のような通販サイトのように気軽に購入できる一方、実物を見ないで購入します。そのため、届いた商品が偽物であるケースも少なくありません。

多くの個人輸入代行サイトでは、健全化や信頼性の向上につとめています。正規品しか取り扱わないことを宣言し、本物と偽物との違いを公表したり、第三者機関に商品の分析を依頼したりといった取り組みが、積極的に行われています。

また、個人輸入代行サイト内では、利用者の口コミが掲載されています。サイトによって、誰でも投稿できる場合と、実際に購入した人しか投稿できない場合があります。

口コミは、サイトの信頼性をはかるうえでの1つの指標と考えてよいでしょう。

安全性を重視するなら、専門の病院で診察を受け、処方してもらうのがおすすめです。個人輸入で買った薬が原因で、重い副作用や思わぬ健康被害を被っても、自己責任となるからです。

病院では事前に診察が行われ、仮にトリキュラーが体質に合わないと判断された場合、他の薬を提案してもらえます。

費用負担が大変な場合、病院によってはジェネリック医薬品を処方してもらえるケースもあります。個人輸入ほどでないものの、費用負担を軽減することが可能です。

万が一、服用後に体調不良などがあった場合、医師から適切な措置を取ってもらえます。また、他の疾病について診察してもらえるのも大きなメリットです。

病院では、正しい飲み方や注意がしっかりと説明されます。日頃からかかりつけの医師であれば、さまざまな検査の結果から総合的な判断をしてもらうことも可能です。

それぞれのメリットとデメリットを把握し、自分に合った方法でトリキュラーを購入しましょう。

  • 個人輸入にはメリットだけでなく、さまざまなリスクもあるので注意
  • 購入レビューは誰でも投稿できるサイトと、実際に購入した人しか投稿できないサイトがある
  • かかりつけの医師がいれば、検査の結果からピルの服用について総合的な判断をしてもらえる

トリキュラーってどんな薬?

トリキュラーとは
トリキュラーは、妊娠しないように身体の状態を変化させる、女性専用の薬です。飲み薬なので、経口避妊薬とも呼ばれます。また、既存のピルと比べて含まれる成分の量が少ないため、低用量ピルとも呼ばれます。

トリキュラー21、28とは?

日本では1999年に承認されており、病院やクリニックで購入可能です。開発・販売はバイエル社で、海外では1979年から発売されています。

トリキュラーは第2世代ピルに分類されており、ホルモン量の違う錠剤が3種入った「3相性ピル」です。有効成分は、卵胞ホルモンの「エチニルエストラジオール」、黄体ホルモンの「レボノルゲストレル」です。

トリキュラーは、28日周期で連続して服用する低用量ピルです。薬を飲む期間は21日で、その後の7日間は服用しません。トリキュラーには、21錠タイプと28錠タイプがあります。

28錠タイプは、最後の7日間は成分の入っていない薬を飲みます。トリキュラーは、3種類の錠剤がセットになっていますが、飲む順番は厳密に守ることが重要です。また、24時間ごとに服用する必要があります。

これらのルールを守らないと、十分な避妊効果を得ることができないので、注意が必要です。

なぜトリキュラーで避妊できるの?

トリキュラーは、女性ホルモンである卵胞ホルモンや黄体ホルモンを人為的に補充することにより、身体を妊娠時と似た状態にする働きがあります。これにより、体内のホルモン分泌を抑え、妊娠が起こらないようにするのです。

ホルモンの変化は、身体にさまざまな不調を起こす原因です。トリキュラーは、身体へのダメージを最小限にするために工夫されており、副作用が少ないのが特長です。

トリキュラーには避妊だけでなく、女性ホルモンを安定させる効果もあり、子宮内膜症や月経困難症、生理による不快感を軽減させることができます。

トリキュラーがそれまでの低用量ピルと異なるところは、ホルモン量の違う錠剤が3種セットになった「3相性」である点です。

段階的に女性ホルモンを摂取することで、身体に与える悪影響を最小限にしています。それまでのピルは、一定量のホルモンを一気に摂取するため、ホルモンバランスが大きく変化し、副作用が起こりやすいというデメリットがありました。トリキュラーは、女性ホルモンを少しずつ摂取することで、副作用のリスクを下げることに成功した薬です。

  • トリキュラーは28日周期で服用する低用量ピル
  • 薬を飲む期間は21日間で7日間は服用しない
  • 一定量のホルモンを一気に摂取するため、ホルモンバランスが大きく変化し、副作用が起こりやすいというデメリットがあった

トリキュラーの成分は?

トリキュラーは低用量ピルとしては第2世代にあたります。ピルは第4世代まで存在しており、それぞれの世代で含まれる黄体ホルモンが異なります。

いずれのピルも、卵胞ホルモンには「エチニルエストラジオール」が共通して使われています。

含まれている黄体ホルモンは、第1世代が「ノルエチステロン」、第2世代が「レボノルゲストレル」、第3世代が「デゾゲストレル」、第4世代が「ドロスピレノン」です。

世代が新しい方が良いというわけではなく、古いものでも、使い方を守れば確実な避妊が可能です。

低用量ピルの特徴は、身体への負担が小さいことです。また、ピルは経口避妊薬とは呼ばれますが、避妊以外にも効果があります。ピルを使えば、子宮内膜症や月経困難症など、女性ホルモンに起因する病気の治療が可能です。

トリキュラーの特徴は?

トリキュラーの特長は、ホルモン量が3段階に設定されている「3相性」であることです。

ホルモンのバランス変化は身体の不調の原因となります。3相性ピルは、ホルモンを3段階に分けて少しずつ摂取することにより、身体への負担を軽減します。また、不正出血も抑えることが可能です。

それまでの低用量ピルでは、ホルモンバランスの変化によって男性ホルモンが優位になり、男性化の症状が出ることがありました。

トリキュラーは、既存のピルよりも、男性化のリスクが抑えられています。安全性が高く、用法用量をしっかりと守れば、99.9%の確率で避妊効果を得ることが可能です。

また、女性ホルモンが安定することで、生理痛や出血量を軽減できます。さらに、やや異なった使い方ですが、トリキュラーを使って生理の日を変えることもできるのです。

しかし、トリキュラーにはデメリットも存在します。それは、錠剤の飲む順番を厳守しなければいけないことです。

3相性のトリキュラーは飲む順番が決まっており、これを間違えると効果を得られません。飲み忘れも注意しなくてはいけません。毎日習慣づけて服用する必要があります。

トリキュラーは、安全性の高い低用量ピルですが、人によって相性があります。人によっては、不正出血や頭痛などの副作用が起こる可能性があるので、注意が必要です。

トリキュラーは、経口避妊薬として承認されていますが、避妊を目的とする場合には健康保険が適用されません。費用は、1か月あたりおよそ3,000円です。また、病院では検査費用も掛かります。

  • 既存のピルよりも、男性化のリスクが抑えられている
  • 厚労省から経口避妊薬として承認されている
  • クリニックで処方してもらう費用は、1か月あたりおよそ3,000円

トリキュラーの「21」とか「28」ってなに?

トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。

どちらも含まれる成分は同じです。トリキュラー21には、1シートに成分の入った実薬が21錠入っています。トリキュラー28は、実薬21錠と、成分の入っていない「プラセボ」が7錠入ったセットです。

トリキュラーに限らず、低用量ピルは28日周期で服用するものですが、実際に成分を取り入れるのは21日間です。

残り7日間は、薬を飲まない「休薬期間」です。7日間、薬を飲まないと、次のシートに移るときに飲み忘れてしまう可能性があります。28錠タイプは、薬を飲む習慣を毎日義務付けることで、飲み忘れのリスクを低減しているのです。

どちらを服用しても、用法用量を守れば効果は変わりません。薬を飲み忘れると、1ヶ月間は避妊の効果を得ることができなくなるため、注意が必要です。

なお、トリキュラーはホルモン量の違う錠剤が3種類セットになっています。最初は赤褐色の錠剤が6錠、白色が5錠、黄褐色が10錠です。28錠タイプは、白色のブラセポ薬が7錠入っています。

ブラセポ薬は、他の錠剤より一回り大きくなっているのが特徴です。ブラセポ薬はデンプンやブドウ糖などでできており、有効成分が含まれていません。

トリキュラー21と28で値段は違うの?

21錠タイプと28錠タイプは、どちらも同じ値段です。

トリキュラーの価格は、1シート2,100円から2,500円が相場です。日本では処方箋薬となっているため、医師の診察が必要です。

また、また避妊目的で使う場合、健康保険が適用されず、費用は全額を自己負担します。

病院やクリニックでは診察代が発生しますが、金額は医療機関によって異なります。

婦人科の場合は、検査費用が発生することもあります。また、診察を毎回行うところもあれば、年に1回だけ、初診のときだけ行うところもあります。薬代以外の費用は、クリニックで大きく異なります。

避妊目的に低用量ピルを処方しているクリニックの場合、診察料は、1,000円から2,000円程度です。トリキュラーを国内で手に入れる場合、3,000円から5,000円は必要です。

クリニックによっては、6シートまでまとめ買いできるところもあります。薬代の割引はほとんど期待できませんが、診察代を減らすことができるので、少しでも安く手に入れることが可能です。

  • トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプの2種類がある
  • 有効成分が入った錠剤はホルモン量の異なる3種類
  • 7錠分の違いは、続けて飲む習慣づけに使う、成分の入っていないプラセボ錠(偽薬)

なぜトリキュラーは市販されていないの?

医薬品の多くは、日本国内では薬機法の対象となり、厚生労働省の認可を受けなければなりません。

トリキュラーは「医療用医薬品」に分類されており、医師の判断で処方せんを出してもらわなければ購入できません。

ドラッグストアや日本国内向けの一般的なインターネット通販サイトでは、トリキュラーは販売することができないのです。

日本の医薬品の認可基準は、世界でも最も厳しいレベルとされています。これは利用者の安全を守るための措置です。

一方で、そのお薬さえあれば病気の症状を改善できたり、生活の質を高められたりする、という人にとっては大きな障害です。そうした問題を解決するための特別措置として、いくつかの医薬品は、自己責任を条件に個人輸入が許されています。

個人輸入は、「利用者本人が、処方せんが無くても購入できる国に行って購入し、日本に持ち帰る」という形で行われていました。しかし、これでは多大な交通費がかかり、現地の言葉を理解できなければいけないという課題があります。

そんな中、インターネットの発達と国内法の解釈から、海外に拠点を置く個人輸入代行サイトが現れるようになりました。

個人輸入代行サイトは、関税や手数料などの手続きを代行してくれます。ユーザーは、一般的なオンライン通販サイトのように、購入したい商品をカートに入れて注文するだけで薬を購入可能です。

クレジットカードをはじめ、銀行やコンビニでも支払いが可能で、より身近な存在となりつつあります。

ピルを使っていることを、家族や周囲の人に知られたくないという人もいるでしょう。個人輸入代行サイトでは、梱包に企業名や商品名を明記しないなど、プライバシーへの配慮もされています。

家族や同居人が商品を受け取ることのないよう、コンビニ受け取りや、運送会社や郵便局の営業所受け取りも選択できます。

トリキュラーは世界的にも安全かつ有効性が確認されています。多くの先進国では、誰もが気軽に購入できる状況にある人気商品のひとつです。

日本国内では、処方せんを出してもらって購入する以外に手段はありませんでした。昨今では、個人輸入代行サイトにより、以前よりも購入しやすくなっています。

  • ドラッグストアや日本国内向けの一般的なインターネット通販サイトでは、トリキュラーを販売することはできない
  • 個人輸入代行サイトは、銀行振込やコンビニ払いが可能で、より身近な存在となりつつある
  • 海外の医薬品は以前よりも購入しやすくなっている