トリキュラーEDってどんな薬?

トリキュラーEDは海外で売られているトリキュラー!中身に違いはない

トリキュラーは、ドイツの「バイエル」という製薬会社で開発された避妊薬です。日本では、産婦人科や婦人科で処方してもらえます。

トリキュラーは、ドラッグストアで市販されていません。また、Amazon、楽天といった通販サイトでも販売されていません。トリキュラーを入手するには、基本的には、病院で処方せんをもらう必要があります。

一方、個人輸入を使えば、病院に行かなくても、トリキュラーを購入できます。

個人輸入と聞くと、面倒そうな印象があるかもしれません。

個人輸入は、個人輸入代行サイトで行うことができます。輸入に必要な手続きは、代行業者が代わりに行います。そのため、普通の通販サイトと同じ感覚で買い物ができます。

個人輸入代行サイトを見ていると、「トリキュラーED」という商品が取り扱われていることがあります。トリキュラーとトリキュラーEDは、どのように違うのでしょうか。

このトリキュラーEDは、タイへの輸出用に作られているトリキュラーです。含まれている有効成分は、日本国内で処方されているものです。パッケージもタイに向けにデザインされています。

日本で処方されるトリキュラーとはパッケージの外見が異なります。しかし、含まれている有効成分は変わりません。

どちらの薬も、有効成分として、「レボノルゲストレル」が含まれています。そのため、効果も変わりません。

個人輸入代行サイトで販売されているトリキュラーEDは、病院で処方されるトリキュラーよりも安価なのが特長です。

初めて使う場合は病院でトリキュラーを処方してもらい、それ以降は個人輸入でトリキュラーEDを購入すれば、費用を抑えることができます。

個人輸入で購入したトリキュラーには、日本語の添付文書が入っていないので注意が必要です。トリキュラーEDを使う際は、それまで使っていたトリキュラーの添付文書を読みましょう。バイエルのホームページでも、トリキュラーの添付文書や、より詳細な資料が公開されています。

トリキュラーEDを使って、身体に異変を感じたら、服用を中止し、病院で適切な処置を受けましょう。

トリキュラーEDは個人輸入で購入できる!病院より安いけど健康上のリスクもある

トリキュラーは、婦人科などを受診して、医師の処方箋を出してもらい薬局で購入する薬です。一方、個人輸入を利用すれば、病院に行かずに購入できます。

個人輸入と聞くと、「手続きが面倒くさそう」「ちゃんと届くのか不安」という人も多いかもしれません。実際は、輸入の手続きを代行業者に代わってもらうため、普通の通販サイトと同じ感覚で注文できます。

病院でトリキュラーを処方してもらい、実際に使って問題なければ、それ以降は個人輸入でトリキュラーEDを購入するのもよいでしょう。病院に行く手間が省け、費用も節約できます。

一方、個人輸入代行サイトの中には、悪質なサイトもあるので、注意しましょう。

利用するサイトによっては、商品が届かない、注文したものと違う商品が届くなど、トラブルに見舞われる可能性があります。また、個人輸入で販売されている薬の中には、偽物も紛れています。

個人輸入代行サイトを選ぶときは、口コミやQ