トリキュラーで生理日をコントロール!生理周期をずらす飲み方について解説!

生理を早める飲み方

トリキュラーをすでに服用している人は、基本的な飲み方を把握しているでしょう。

28日周期になっていて、21日飲み続けたあと、7日の休薬期間に入ります。休薬期間が終わると、生理が起こります。

生理を早める場合は、休薬期間を終える日にちを調整しなければいけません。

新しいシートに入ってから、生理が来てほしい日の2日から3日までは、いつも通りに飲み続けます。薬を止めてから出血が起こるまでには、個人差があります

いつも2日後にくる場合は2日前に止めるなど、自分で工夫してみましょう。ただ、休薬期間から次の休薬の間が短いような場合、思った通りに生理がこなくなってしまいます。

もし予定が先に分かっているのであれば、2か月前から少しずつずらしていくのがおすすめです。

トリキュラーは赤と黄色、そして白の3色の薬が1枚のシートの中に入っています。また、シートは21日タイプと28日タイプがありますが、基本的な効果は同じです。

21日タイプは赤、白、黄色と飲んでいき、最後の7日は薬を飲みません。28日タイプは黄色の錠剤のあと、さらに7日分白い薬を飲みます。

この薬は「偽薬」と呼ばれ、有効成分が入っていません。偽薬は、毎日飲み続ける習慣を忘れないようにするためのものです。

また、日ごろトリキュラーを服用していない人が、生理を早めるために飲みたいという場合は、少し服用方法が変わってきます。

トリキュラーの飲み始めは、生理が開始してから5日以内にしなければいけません。そして、最低でも14日間は連続して飲むようにしなければ、女性ホルモンの調整がうまくいかず、狙った日に生理を起こすことができないので注意しましょう。

「急な予定が入ったから明日から生理を起こしたい」というような場合には、使うことができません。

14日飲んだ後、2日から3日後に生理の出血が始まり、終わるまでには1週間ほどかかります。生理を起こしたい日の3週間前には、薬を手に入れる必要があります。

また、調整のために一時的に飲む場合、トリキュラーの避妊効果を得ることはできないので注意しましょう。

このように、生理を早める飲み方は、トリキュラーを飲んでいる人とそうでない人で異なります。

トリキュラーは、医師が診察を行ってから処方される薬なので、分からないことがあれば診察の際に相談してみましょう。

生理を早めたいことなどを話せば、飲むタイミングについて教えてもらえるでしょう。

生理を遅らせる飲み方

トリキュラーを使えば、生理を遅らせることもできます。

本来なら休薬する期間にも薬を飲むために、余分なシートが必要です。事前に医師に相談しておき、多めに処方してもらいましょう。

21日タイプの場合は、黄色の薬を飲んだあと、休薬機関に入らずに新しいシートの黄色い錠剤を飲みます。赤や白の錠剤では効果がないので、きちんと色を確認して飲むようにしましょう。遅らせたい日にちだけ飲んだら、休薬期間に入ります。

日頃トリキュラーを飲んでいない、非ピルユーザーの場合も、基本的な飲み方は同じです。生理が始まって5日までに、赤い薬から飲み始め、遅らせたい日まで継続して飲みます。

トリキュラーは、あくまで低用量ピルです。生理を遅らせるには、本来は中容量ピルの方が適しています。そのため、トリキュラーは、はじめて生理を調整する人には向かないことがあります。

医師に相談して、遅らせたい日にちなども伝えると、自分に合った薬を処方してもらえるでしょう。

生理がないほうが楽だからといって、ずっと薬を飲み続けることはできません。子宮内膜が厚くなっていき、自然に剥がれ落ちて出血してしまうからです。

そのため、継続して飲み続けることができるのは、最高で6週間と決まっています。長期の旅行の際などは、休薬するタイミングなども決めておくといいでしょう。

また、長期間服用することで、不正出血などが起きやすい状態になります。生理を遅らせるということは、それだけ体への作用があるということを覚えておきましょう。

特に、はじめてピルを飲む人は、体が慣れていないので、頭痛や腹痛、胸の張りといった症状が出やすいです。

継続して飲み続けていると、これらの症状は落ち着くのが一般的です。特定の場合にだけトリキュラーを使う場合、症状がつらくなることもあるでしょう。

ピルを服用することで避妊できますが、避妊効果が出るまでには最低でも14日間飲み続ける必要があります。

飲んだらすぐに妊娠しないというわけではありません。飲み始めの段階で性交する際には、コンドームなど別の避妊方法を併用する必要があります。

こうすることで、生理を遅らせると同時に、避妊効果も得ることができます。

ピルは、服用するにあたり様々な注意点がある薬です。医師の話をしっかりと聞き、添付文書をよく読んで使いましょう。

生理が飛ぶ?妊娠したい!服用中の疑問に答えます!

トリキュラーを飲んでいると、生理が飛ぶことがあります。また、妊娠に影響が出たりしない?と不安な人もいるのではないでしょうか?

トリキュラーを毎日決まった時間に服用し続けていれば、妊娠する可能性はほとんどありません。ピルを飲んでいたのに避妊に失敗したという人の多くは、飲み忘れや不適切な使い方が原因です。

今は避妊したいけれどいつか子供が欲しい、という女性は多いでしょう。またトリキュラーを飲み続けていることで、妊娠に悪影響がないか不安という人もいるのではないでしょうか?

結論からいえば、そういった心配は不要です。

トリキュラーに含まれているのは女性ホルモンです。ピルは、本来は体内で作られる女性ホルモンを、人工的に摂取する薬です。

その他の化学作用はないので、ピルを飲んだからといって、妊娠できない体になってしまう、というようなことはありません。

また、トリキュラーの休薬期間に入ったのに、生理が来ないという悩む人もいるでしょう。

トリキュラーは、服用が終わればすぐに生理が起こるわけではありません。出血が始まるまでには2~3日かかります。また、生理が始まるまでの期間は個人差があります。

服用するタイミングによっては一時的に生理が飛ぶ、つまり1回分こない、といこともあります。

トリキュラーで生理を早めた場合によくみられることですが、これも心配の必要はありません。

初めて服用する人や、調整のためにたまにしか飲まない人のほうが、様々な不安を感じるでしょう。

ピルを飲んで生理が来ない、いつから出血が起きるのかというのは大きな問題でしょう。多くの場合、2日から3日で生理が起こり、その後は元の生理周期に戻ります。

トリキュラーを使えば、生理の日にちを、自分の都合に合わせてずらすことができます、また、出血量が少なくなるというメリットもあります。そのため、1度、生理の調整のために使ったあと、継続的にトリキュラーを飲み始めるという人も多いです。

ただ、自分の判断で飲むのを中止したり、再開するのは体にとってよくありません。医師と相談して飲むようにすれば、より安全にトリキュラーを使うことができます。

毎日飲み続けるというのは、慣れるまでは大変かもしれません。しかし、服用を続け、習慣になってしまえばそれほど大変なことではないでしょう。

21日タイプと28日タイプの2種類があり、自分に合ったものを飲めば、飲み忘れもなくなるでしょう。