知っておくべきトリキュラーの飲み忘れ、飲み間違いの対処法

トリキュラーは飲み忘れから経過した時間によって対処法が違う

トリキュラーを飲み忘れた場合は、飲み忘れたタイミングがいつなのか、対応が大きく変わります。

トリキュラーを飲み忘れたまま次の日になってしまった場合は、飲み忘れに気付いたタイミングで服用すれば大丈夫です。次の錠剤を飲むタイミングは、いつも設定している時間でずらす必要はありません。1日で2錠を飲むことになります。

タイミングが数時間ずれたからからといって、身体に悪影響が出ることはありません。気づいたらすぐに飲みましょう。

本来飲むべきはずの時間から12時間過ぎた場合、トリキュラーを飲んだうえで、別の避妊も行いましょう。

飲み忘れたことに、次の薬を飲むタイミングになって気づいたときは、1度に2錠飲みましょう。

問題は、2日以上トリキュラーを飲み忘れてしまった場合です。2回飲み忘れたからといって、1度に3錠飲んだりしてはいけません。2日以上飲み忘れたら、トリキュラーの服用は一旦中止しましょう。

トリキュラーを2日以上飲み忘れた場合、避妊効果がなくなってしまいます。そのため、避妊をする場合には別の方法で行う必要があります。

月経がまた始まってから、再び服用を始めましょう。また、服用を再開するときは、必ず新しいシートを使いましょう。中止したときのシートを途中から使ってはいけません。

トリキュラーは、コンスタントに毎日続けていかなければ、効果がなくなってしまいます。

28錠シートの、最後の7錠は、飲み忘れても問題ありません。

トリキュラーは、21日間飲み続け、その後、7日間の休薬期間を設けます。28錠シートに含まれている7錠は、有効成分の含まれていない偽薬です。偽薬は飲み続ける習慣を続けることで、次のシートの飲み忘れを防ぐためのものです。そのため、偽薬自体は飲まなくても問題ありません。

飲む順番を間違えた!どうしたらいい?

トリキュラーの錠剤は飲む順番が決まっています。飲み間違いを防ぐため、シートには飲む順番を示す矢印が表示されています。もし、錠剤を飲み忘れてしまった場合の対処法について見ていきましょう。

トリキュラーは、3相性ピルの1種で、1シートに3色の錠剤が入っています。3種類の錠剤には、それぞれ違う量のホルモンが含まれています。万が一飲み間違えたとしても、効果がなくなることはありません。飲み間違えた場合、次からは正しい順番の錠剤を飲めば、問題ありません。

ひとによってはホルモンバランスが著しく乱れ、不正出血の原因になってしまうことがあります。

本来飲むはずだった錠剤とは異なる色の錠剤を飲んだ場合、副作用が起こる可能性があります。3相性ピルは、摂取するホルモン量を少しずつ増やしていくことで、副作用のリスクを軽減します。例えば、本来最後に飲む錠剤を最初に飲んでしまった場合などは、注意が必要です。

同じ色の錠剤を、順番を間違えて飲んだ場合は、心配することもありません。同じ色の錠剤は、含まれているホルモン量が同じなので、順番を間違えても気にすることはありません。

錠剤を飲む順番の間違えが原因で重大な事態に!ということは基本的にないので、過度に心配する必要はありません。

自然なホルモンバランスを維持し、副作用のリスクを下げるには、順番を正しく守って使うことが重要です。

順番を間違えないようにトリキュラーのシートにはカレンダーシールがついています。また、トリキュラーは、月経が始まった日から服用を始めます。

21日目に飲むべきものを1日目に飲んでも、避妊効果は得られます。急激なホルモン摂取により、体質によっては、予期せぬトラブルになることもあるため、決められた順番を守ることが大切です。

トリキュラーの飲み忘れを防ぐには?

トリキュラーの飲み忘れを防ぐために、飲むタイミングについて考えましょう。

トリキュラーは、毎日同じ時間帯に飲むことが大切です。そうすることで、体内のホルモン量が常に一定に保たれます。

多くの薬は、食前や食後に飲むことが多いです。トリキュラーも、食前や食後に飲んで問題ありません。ただし、生活サイクルによっては、食事の時間がバラバラな人もいるでしょう。

食事の時間が不規則で、薬を飲むタイミングもずれてしまうと、トリキュラーの効果が十分に発揮されなかったり、副作用のリスクが高まったりします。また、食事を摂ったり摂らなかったりする人の場合、食事を抜いた際に薬を飲むのを忘れてしまう恐れもあります。

睡眠も同様です。毎日寝る時間が同じなのであれば、そのタイミングでトリキュラーを飲むとよいでしょう。ただし、就寝する時間がバラバラな人は、注意が必要です。就寝前にトリキュラーを飲む場合、就寝時間を一定に保つようにしましょう。

トリキュラーを使うときは、毎日定期的に飲める時間を定めることが重要です。飲む時間を決めたら、スマートフォンなどでアラームを設定しておけば、飲み忘れに気づきやすくなります。

トリキュラーの飲み間違いを防ぐために、シートの順番をしっかりと見ながら飲みましょう。トリキュラーのシートには、1番から21番、または28番まで数字が振ってあります。28錠タイプには、次のシートの飲み忘れを防ぐため、7錠の偽薬が入っています。

トリキュラーは基本的に、21錠を飲みきったあとに、7日間の休薬期間を経てから、次のシートを飲み始めます。この休薬期間のあとに、薬の服用を再開するのを忘れてしまう可能性があります。

飲み忘れが心配な人は、28錠タイプを選び、偽薬を使って、薬を飲む習慣を維持するとよいでしょう。トリキュラーの28錠タイプは、低用量ピルを初めて使う人には、特におすすめです。

人によっては通勤のタイミングに飲む人がいますが、遅刻しそうになると慌てていてうっかり忘れることもあるでしょう。できるだけリラックスができるタイミングで飲み続けていくのがおすすめです。

トリキュラーのシートには、飲み忘れや飲み間違いを防ぐため、順番が振ってあります。そのため、ピルケースに入れて保管するよりも、シートのまま保管するほうがおすすめです。