トリキュラーからマーベロンに切り替えるポイントは?違いはなに?どっちが良いの?

両手を差し出す女性

トリキュラーとマーベロンの違いを比較

ピルは様々な目的で使用されますが、主な効果は避妊と生理痛の緩和です。

避妊は、コンドームを付けるのが一般的ですが、ピルを使えば、確実に避妊することができます。

日本のクリニックで処方されているメジャーなピルは、トリキュラーです。避妊が目的の場合、保険が適用されず全額負担となります。

一方、ひどい生理痛が理由で処方してもらう場合には保険が適用されます。トリキュラーは、医師に診察を受けたあとで処方箋をもらい、処方箋薬局で購入という流れで入手できます。

トリキュラーは、「レボノルゲストレル」が配合されています。また、3相性になっているため、自然な生理の流れと同じように、女性ホルモンを摂取できます。そのため、不正出血などの副作用が起こりにくいのが大きなメリットです。

初めてピルを使うという人でも使いやすく、医師からも勧められることが多いです。

使いはじめは、頭痛や吐き気などの副作用がみられます。しかし、症状はほとんどの場合、使い続けていくうちに軽減されていきます。

トリキュラーの製造・販売元は、ドイツのバイエル薬品株式会社です。シートは21錠と28錠の2種類あるので、ニーズに応じて選んでいきましょう。

マーベロンは、第3世代ピルに分類されます。含まれているホルモンの量は、トリキュラーよりも少ないです。

他のピルよりも、男性ホルモンの活性化を抑えるという特長があります。そのため、ニキビの治療で使われることが多いです。マーベロンは1相性ピルで、全ての錠剤に同じ量のホルモンが含まれています。製造・販売元はMID株式会社です。シートは21錠と28錠の2種類となっています。

どちらのピルも、高血圧や心疾患、糖尿病の人、喫煙者は服用できません。これらのピルは、医師の処方箋が必要な薬のため、ドラッグストアなどでは購入できません。

個人輸入を利用すれば、海外から取り寄せることができます。ただし、医師の診察や指示を受けない分、重い副作用や健康上のトラブルを被るリスクが高いので、注意が必要です。

トリキュラーとマーベロンはこのような違いがあります。自分のニーズに応じて選ぶとよいでしょう。はじめてピルを使う人は、副作用の起こりにくいトリキュラーがおすすめです。

トリキュラーとマーベロン、どっちがいい?

トリキュラーとマーベロンは、それぞれ異なるメリットとデメリットがあります。

避妊や生理痛の緩和避妊のためという事であれば、副作用の少ないトリキュラ―がおすすめです。

トリキュラーの飲み始めは、頭痛や吐き気を感じることがあります。ただし、飲み続けていくうちに症状はなくなっていきます。

トリキュラーは3相性ピルの1種で、自然にホルモンバランスを整えてくれます。自費治療の場合、医療機関によって設定料金が異なります。

トリキュラーは、婦人科や産婦人科で処方してもらえます。

長期間使い続けるため、費用が安く済むに越したことはありません。ただし、医療機関を選ぶときは、薬代だけでなく、診察内容や、評判なども参考にして選ぶことが大切です。

マーベロンは、男性ホルモンの作用を抑える働きがあります。そのため、ニキビの治療にも効果があるのが特長です。塗り薬を使っていてもなかなかニキビが治らないという人は、マーベロンを使ってみるとよいでしょう。ニキビ治療のためにマーベロンを使いたい場合は、医師にその旨を伝えましょう。

マーベロンを服用していると、副作用としてむくみが出ることがあります。

1度病院で診察を受け、マーベロンを使っても問題ないと診断を受けた人は、個人輸入で海外から取り寄せることもできます。個人輸入代行サイトでは、輸入の手続きを業者に代わってもらうことができます。購入の手続きは、一般的な通販サイトと変わりません。

ただし、個人輸入では悪質なサイトにお金を騙し取られたり、偽物の薬を購入したりしてしまうリスクもあるので、注意が必要です。口コミや、ヤフー知恵袋などのQ&Aサイトの書き込みを参考に、安全なサイトを選びましょう。

トリキュラーとマーベロンは、それぞれ異なる特長があります。ピル初心者の人や、副作用を避けたい人はトリキュラー。ニキビを改善したい人には、マーベロンがおすすめです。自分の目的に合ったものを選びましょう。

トリキュラーが合わなかった!マーベロンに切り替えるポイント

トリキュラーは3相性ピルのため、自然に近い形で女性ホルモンを摂取することができます。比較的副作用も少ないという特長があり、初心者の人におすすめのピルです。しかし、人によっては、相性が合わないこともあります。

もし、トリキュラーが自分の体質に合わないと感じたら、マーベロンに切り替えてみるとよいでしょう。

マーベロンは、トリキュラーよりも安価になっていることが多いです。

マーベロンには21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。

飲み方はトリキュラーと同様なので、今までと同じように使うことができます。

個人輸入をすれば、病院で診察を受けなくても購入できます。個人輸入と聞くと、面倒な手続きが必要だったり、届くまでにかなり時間がかかったりするのではないかと、不安を感じる人が多いかもしれません。

しかし実際は、輸入に必要な手続きは業者が行うため、Amazonや楽天といって、通販サイトと同じ感覚で利用できます。

個人輸入代行サイトでマーベロンを買うと、届くまでに5日間から10日間近くかかります。トリキュラーから切り替えるためにマーベロンを個人輸入する場合は、トリキュラーを飲み切る前に届くように注文しましょう。

マーベロンの価格は、個人輸入代行サイトによって異なります。送料やサービス内容なども加味したうえで、金額を計算しましょう。

トリキュラーは初心者向けといわれているピルで、副作用も比較的少ないといわれています。

しかし、体質よっては合わないこともあります。そんなときはマーベロンを試してみましょう。

病院やクリニックなどの医療機関で相談して処方してもらえば安心です。また、医療機関では、経過観察などもしてもらえるので安全にマーベロンを使い続けることができます。

病院でマーベロンを服用しても問題ないと診断した人は、個人輸入を利用してみるのもよいでしょう。病院に行く手間が省けるだけでなく、費用もより安く済ませることができます。ただし、悪質サイトや偽造薬には注意しましょう。

ピルには様々な種類があります。自分に合ったものを選びましょう。