避妊だけじゃない!トリキュラーの嬉しい効果について解説!

トリキュラーは避妊のための薬

トリキュラーは決まったタイミングに飲み続けることで、99%の高い確率で避妊ができる薬です。

トリキュラーを使えば、望まぬ妊娠の心配なく性行為ができます。
99%という避妊率は、臨床試験でしっかりと証明されています。約2年以上にわたって調査が行われた結果、99%の女性が、避妊具を使用しなくても妊娠することがなかったという結果が出ています。
コンドームの場合、行為中に破れたりして、妊娠してしまう可能性があります。そのような突発的な事故が発生したとしても、トリキュラーを飲んでおけば、確実な避妊が可能です。

臨床試験で妊娠をしたケースは、トリキュラーの飲み忘れによるものです。しっかりと飲み続けた人は、全員避妊に成功しています。

トリキュラーの効果は、女性ホルモンのバランスと大きく関係しています。女性ホルモンのバランスを変えることで、卵巣を休ませて排卵を抑えたり、子宮内膜を成長させないことで、精子の着床を妨げたりする作用があります。

また、トリキュラーを飲むと、女性器内の粘液量が増加します。これによって、子宮に入ってくる精子が入り口のところで食い止められます。こうした作用によって、妊娠を防ぎます。

この効果は、トリキュラーを一定期間飲み続けることによって起こります。
本来、上述のような、妊娠しにくい体内状況は、排卵を終えた時期、いわゆる「安全日」に起こります。トリキュラーは、このような状態を人工的に起こす薬なのです。

トリキュラーは、臨床試験で効果や安全が立証されているため、安心して使うことができます。

トリキュラーで生理が起こる日を調整できる

トリキュラーを使えば、生理のタイミングを遅らせたり、早めたりすることができます。トリキュラーによって起こる人工的な生理は通常の生理の状態と何ら変わりはありません。

トリキュラーには黄色の錠剤がありますが、これを飲み終えたところで生理が発生するように調整されています。

トリキュラーによって、女性ホルモンのバランスを調整し、生理を遅らせたり、早めたりします。生理は、トリキュラーの服用を止めることで発生します。

トリキュラーは21日間飲んだら、一週間のお休みに入ります。このお休みに入った時点で女性ホルモンが減り、生理が発生します。

トリキュラーの服用日数を変えることで、生理を早めに来させるようにしたり、逆に遅らせたりすることが可能です。旅行や大事な用事があるときは、トリキュラーで生理日を調整するとよいでしょう。

生理を早くしたい場合には、いつから生理を起こさせたいのかを決めておきます。後は生理を早めたい日数分だけ、飲む錠剤の数を減らしましょう。

意図的に服用の日数を減らせばそれだけ、早く生理が訪れます。その後、7日間トリキュラーの服用を止め、また新たにシートを取り出して1日目から飲み続けましょう。

残った錠剤は残しておくとよいでしょう。生理を遅らせたい場合に活用できます。

生理を遅らせる場合、黄色い錠剤を多めに飲み続けることになります。この日から生理を始めたいという日にちを決め、遅らせたい日数分だけ錠剤を余分に飲みましょう。

生理日を遅らせる場合、余分な錠剤が必要です。生理日を早めたときに余った錠剤を使うか、トリキュラーを余分に購入しておきましょう。

ここで注意をしたいのは、余分な黄色い錠剤がない場合です。他の色の錠剤でやろうとしても、思ったような効果が得られない可能性があります。この日に生理を迎えたいと思っていても、実際は思惑通りにいかない可能性が高まってしまいます。

毎月のように生理日をずらしていると、体に異変を起こす可能性があります。トリキュラーで本来の生理周期を頻繁に変えると、身体に負担がかかる可能性があるので注意が必要です。

ニキビ改善や月経困難症の治療効果も!

トリキュラーのメリットは、確実な避妊効果だけではありません。女性ホルモンのバランスを調節する効果があるため、女性ホルモンが原因で起こる様々な症状を改善する効果もあります。

多くの女性が生理不順に悩んでいますが、基本的には、ホルモンバランスの乱れが大きな原因です。トリキュラーは、このバランスを整えることで、生理不順を改善します。

女性特有の悩みとしてよく挙がるのがPMS(月経前症候群)です。生理の直前になるとイライラしたり、眠気がひどくなったりするなどの症状が特徴です。

月経困難症は、生理が始まった段階で下腹部に強い痛みを感じますが、pmsにはそれがありません。pmsは、女性ホルモンの乱れが原因で起こります。トリキュラーを飲むと、ホルモンバランスが整えられるため、pmsの改善に効果があります。同じ理由で、月経困難症にも有効です。

トリキュラーを服用し続けることで、生理の際に発生する痛みや出血などの症状が改善されます。

子宮は、精子が着床できるよう、周期的に子宮内膜を成長させます。生理時はこれが剥がれることで、出血が起こります。

トリキュラーを飲むと子宮内膜の成長が抑制されます。すると、外に出る子宮内膜が少なくなるため、結果的に出血が抑えられるのです。子宮内膜症の生理痛などにも効果を発揮します。

元々、生理痛は、子宮内膜が剥がれて外に出る際、子宮が収縮するために発生します。子宮内膜が少なければ、子宮が縮こまる度合いも小さくなります。結果、生理痛が弱くなるのです。

トリキュラーはニキビ改善にも効果があるといわれています。

ニキビは、テストステロンによって皮脂が多く分泌されることが原因でできます。このテストステロンを抑えてくれるのが女性ホルモンです。

トリキュラーを飲むと女性ホルモンが増え、結果的にテストステロンが抑えられます。それによって、皮脂の分泌が抑制され、ニキビを改善するのです。